静岡の人間にしがみつくカブトムシ

季節の言葉は「静岡」
子供時代の言葉は、メマトヒ、メムロ、羽ばたき、,の蚊、岩の蚊

夏に人間の顔にしがみつく小さなカブトムシ。静岡のない日は夕暮れ時に野生の道路、川岸、森林に現れます。
それは人々の目に飛び込むので、「マットイ」とも呼ばれます。

しずおか“おまち”サンタフェスティバル2017(静岡)

ハエ科の昆虫の総称。体の長さは約1〜3 mmで、女性の一部のタイプは、蚊のように人間と家畜の血液を吸います。それは蚊より小さく、一片で飛ぶ。刺された直後、かゆみや痛みはありませんが、腫れやかゆみは後で起こります。

子犬を払うたびに
(桂信子)
悲しい悲しみの泉は体から湧き出るのでしょうか?
(静岡)
私はマナガキを取る男を取得するつもりです
(千田洋子)
すべての秘密は秘密です
(野口ルイ)

写真は、故画家の鍋幸彩による「猫とSa」です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です