静岡の割り切り女子が手紙を読み始めました

また、焦点はタウファトファがどのような競争に参加するかです
LINEは夕方に弟の花嫁から来ました

「今日到着しました」コメントと写真付き
静岡の割り切りはいくつかの手紙でした
何だろう?読み始めました

私は泣いた
3月に亡くなった母
最後に世話を受けた緩和ケア病棟から
当時担当していた若い看護婦さん
彼女からの手書きの手紙でした

それ以来、季節は変わりました
静岡の割り切りが亡くなる4日前
家族への優しいケア
いつでも立ち寄ってください

書かれた

最後の入院はわずか4日です
1年前3ヶ月間入院していた病棟だったから
看護師と家族へ
たくさんの思い出があります

教会の隣にはキリスト教病院があります
慈善に満ちた病院でした

最も忘れられないもの
死亡の約2時間前
静岡の割り切りが好きだったチャプレン(父)
病室に来て
母の手を握って名前を呼ぶ
「神はあなたの側にいます。
心配しないで。 」
はい、お願いします
無意識の母親の目から涙が流された

それ以来
いつかチャプレンに会いたかった
しかし、私は病院に近づく勇気がありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です