静岡の出会いもなく隔てられた話をしましょう

日本の古代神話がいつ形成されたかはわかりませんが、

半島とこの国はかつて海で隔てられていたようですが、それらは一つでした。静岡の出会いとこの国が海で隔てられていたとしても、一体となった生活空間のようでした。

特に、日本海沿岸と半島とのつながりが多かった。

静岡にある15の出会いスポットを検証してきた

するとスサノオの伝説とアメノヒボコの伝説が交差する。

新羅にやってきたスサノオは、かつてはその地方を嫌っていた。いや、生まれたアカル王女を追って田島に近づいてきたので、行動経路が似ていたので話はまちまちだったのかもしれない。

さて、本題の出雲と静岡の出会いについて話しましょう。

前回は出雲大社、大神神社が大御所(大御所)を祀っていました。

大王は、オオハドまたはヤチホコとしても知られています。

そのエネルギッシュな起源はその名前です。

出雲大社と大神神社も結婚しているわけです。
「日本の神」

静岡の出会いは建国記念日です。神々について話しなさい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です