その時には電話をもらった静岡のママ活

さくらが咲く、さくらが踊る、 は春

金閣寺天龍寺大覚寺仁和寺

嵐山嵯峨野路と さくらツアー

静岡・浜松でママ活できそうな女性 〜藤枝・富士でもママ活にチャレンジしよう

 

白い炎」

 

歌:斉藤由貴静岡のママ活

失われた愛を受け入れる

水墨の街をさまよう

あなたと彼女のガールフレンド、彼女のバスを待つ

その時、街はその色を失いました

最後の5つを押すことができなかった電話

胸の灼熱感は熱い痛みです

静岡のママ活*いい子ですか?

涙が頬に雪に変わる

あなたは利己的な女の子ですか?

あなたが好き※

彼らと一緒の彼女のバスは行きます

あなたの部屋の反対側に

彼女は初めて愛を渡した

その時風が私の夢を壊した

ためらいのある日記

出血する涙は白い炎です

私は愚かな女の子ですか

劇中で一人で夜を旅した

あなたはいつも静かな女の子ですか?

あなたが好き

仲良くする

 

歌:山根康弘

考えてみると、けがをして泣かせた夜がありました

静岡のママ活私はそのような僕ですが、誰よりもあなたを愛しています

深夜に電話で孤独な声が聞こえたら

距離が遠いのが残念でした

決して手放さないあなたの目

私はあなたを永遠に守ります

静岡のママ活同じ道を同時に歩き、思い出を刻みます…

私は今あなたに誓います、私を信じてください

目をそらさないで、その笑顔を忘れないでください

すべてが良いわけではありませんが、もう涙は必要ありません

これからはいつも一人じゃないから

その時、私たちは傘をささずに冷たい雨の中海に歩いた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です