言葉が必要な静岡のママ活

「」という言葉は私の父の言葉ではありません

吉田拓郎の歌詞からだと気づきました。

「グンバラナイですが、大丈夫です。」

静岡・浜松でママ活できそうな女性 〜藤枝・富士でもママ活にチャレンジしよう

 

という曲があります。

その時、父は執拗に私に歌いました

少し面倒です。 ….私は思った。

父「がん原内だけど!

それは素晴らしいです!

ワタシナリです!

それは素晴らしいです! 「」

静岡のママ活顔を合わせるたびにやれば

励まされるのではなく

彼はプレッシャーを感じていました。

その時、私は病気でした

静岡のママ活私の頭は滑りやすいです(今でも)

今より15kg痩せました。

癌や白血病ではなく、

ある日後、私の髪は束になって抜け始めました

すべてを完了するのに数日しかかかりませんでした。

やがて私の体が動かなくなって

私は物事を適切に保持することができません

息を切らしている間、部屋に横になってください

私は不毛で無毛の日々を過ごしていました。

私の父は隣同士の部屋にいました、

静岡のママ活就寝時もお父さん

「彼は一生懸命働く必要はありません。

彼は私に大丈夫です。 「」

歌い続けた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です