若者たちの静岡の出会い掲示板が繰り広げられる

1つ目は日本映画「静岡の出会い掲示板」。

夏休みのある日、10代の少女オクジュは、父親が商売に失敗したため、弟のドンジュと一緒に祖父の家に引っ越した。彼女の母親は離婚し、離れて暮らしています。祖父、父、祖父の人生が始まって間もなく、浮気をしている夫と一緒に暮らすことに耐えられなかった叔母がやって来て、静岡の出会い掲示板と一緒に暮らしました。

静岡の出会い掲示板

家族に起こりうる出来事や日常の写真ですが、それが自分の生活や生活と比べて見ると、画面に引き込まれてしまいます。出演者の演技はとても自然で、感情が生き生きと伝わってきます。以前に見た日本映画「ハミングバード」と同じように、私が気に入った傑作でした。最近の日本の女性監督の作品のほとんどは、繊細な描写と内容の傑作です。

2つ目は今泉力哉監督の「街の上で」。

舞台は下北沢。古着屋で働く青年荒川青は、恋人のスノーに騙されているが、雪は忘れられない。そんな青の下で、美術会社に通う女性がインディペンデント映画に出演するように頼み、物語が繰り広げられる。

登場する若者たちのゆるい会話は絶妙に面白い。そして下北沢の街並みがよく似合い、独特の雰囲気を醸し出しています。下北沢を知らない人でも見ても感じられると思います。とにかく話は面白くて面白いです。青役を演じる若葉竜也をはじめとする俳優たちや、才能あふれる若者たちの演技が物語をより面白くしてくれます。長期にわたって上映されている説得力のある作品です。

静岡の出会い掲示板して半年になりますが、今まで以上に働きやすい環境だと思います。

私はますますそれを任せられて、時々私は疲れます、しかし私は以前より多くのものを手に入れているのでそれをしています。

静岡の出会い掲示板に2回会って別れたので、しばらくは大変でしたが、なんとかできました。

今のところ転職したい!私はしばらくそこにいるとは思わない…

最近の報告でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です